65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

輝く!俺なりのレコード大賞2017

皆さんあけまして!おめでとうございます!と思ったら次の投稿記事は年の瀬!時空間の歪みもなんのその、今日も元気にはてなブログの更新をやっていきましょう。さて今回はまあ年末恒例的なアレ、今年聴いて良かったのを挙げるやつやります。恒例っていってもしばらくここではやってないけどな。気にすんな。ちなみにここ数年まともにCDが買えてないんですが、今年も相変わらず買えていません。大体bandcampのname your price音源とかで生かされてきました。恥の多い生涯を送ってきました。あと新譜より旧譜ばっか聴いてて全然新しいの聴けてない。ええんかこれで。


【楽曲部門】
in NO hurry to shout; / カナリヤ[ANIME SIDE]

in NO hurry to shout;「カナリヤ [ANIME SIDE]」

in NO hurry to shout;「カナリヤ [ANIME SIDE]」

open.spotify.com
アニメ「覆面系ノイズ」の劇中バンド・in NO hurry to shout;、通称イノハリの4枚目のシングル。彼らの曲はわたくしが敬愛するCOALTAR OF THE DEEPERSNARASAKIさんプロデュースによるものなのですが、これがどれもこれもNARASAKI節全開、ゴリゴリの90年代オルタナロックに現代のアニソン的ポップさを僅かにまぶしたような感覚で爆音で鳴らしたようなものばかりで最高なわけです。この曲は劇中の彼らの中でも特に攻撃性の高いナンバーでありキラーチューン。覆面の下は普通の高校生(という設定)である彼らの初期衝動と焦燥感がノイジーな爆音オルタナサウンドとともに突っ走る感覚、これを2017年の最新アニメの、劇中バンドの音として鳴らしてしまったのが痛快だし面白すぎる。ほんと今時のアニソンでここまで荒々しいサウンドの曲って他にどんだけあるんだろうか。ちなみにこの曲は原作者・福山リョウコ先生も一番好きと言う御墨付きな一曲です。あーあとカップリング曲の「ボーダーライン」もベースがヤバくてヤバイのでヤバイです(語彙力)。

in NO hurry to shout;_カナリヤ [ANIME SIDE] 音源試聴(TVアニメ「覆面系ノイズ」挿入歌収録)


killie / お前は労力
東京ハードコア・killieによる、swarrrmとのスプリット「耐え忍び霞を喰らう」収録の一曲。これがなんと11分30秒にも渡る長尺ハードコアパンクチューン。そんなに長いんじゃ聴くのも疲れるし飽きるんじゃないのと思いきや、この長い時間の中で表情を変え続けて全く飽きさせない、というか、聴き続けさせるだけの力を持った楽曲。容赦なく救いの無い現代の暗澹を描きリスナーというか聴衆に叩き付けて来るハード&ヘヴィな世界観。
「通勤電車に闘志は燃えているのか?」
「お前は勝ち続けなければいけない/しかし全員が勝つという事はない/中には負け続けて追い詰められている人も/それが彼の理想とする平和論であり/戦う事を拒絶した結果だが/彼もまた去年の自殺率という括りで語られ/数字化された一人に過ぎず」
「生きるために犠牲は必要だ/そもそも人口が多いんじゃないか?/お前が弾き飛ばして殺した貧乏人/劣等を惨殺せよ/劣等を惨殺せよ/大衆は煽られる/それでも明日は来る/お前はこの国の労力」
という、薄っぺらいポジティブメッセージを容易く握り潰すかの如き歌詞のアジテートぶり。怪作。


吉岡茉祐 / てがみ
声優ユニットWake Up, Girls!センターの彼女が、今年3月に開催されたWUGメンバーソロイベントに際し発表したソロ曲。ここでは彼女自身が作詞を行っている。切なくも優しいサウンドに乗せて「初めて手紙を書きます/ごめんねとありがとうでできてます/歌に乗せたら届けられるかな」と歌うこの曲は、昨年のWUGのライブツアー中に亡くなられた彼女のお祖父様へ向けた手紙が元になっているそうです。そしてその歌を歌う彼女の歌声は抜群に上手く、優しく、爽やか。身近なひとにこんな手紙を貰ったり、ましてや歌にしてもらえたのなら、泣かないでいられる自信がない。冬が過ぎ去り、これから春を向かえ、新緑の季節になっていく、そんな時期に歌われたこともグッとくる。ただ一つ残念なことは、他のメンバーのソロ曲も含め、現時点ではソロイベントのパンフレット収録のCDでしか聴けず、そのパンフレットも完売して入手困難になってしまっていること。一刻も早い再発を望みます。

てがみ/吉岡茉祐(ソロでイベント、やらせてください!2017)


【アルバム部門】
in NO hurry to shout; / ALICE~SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE~

ALICE ~SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE~<初回仕様盤> (2枚組)

ALICE ~SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE~<初回仕様盤> (2枚組)

open.spotify.com
楽曲部門でも挙げたイノハリと、ライバルバンドである黒猫ことSILENT BLACK KITTYの楽曲を収録したベスト盤。そりゃベスト盤ならよくないわけねえだろう、そりゃそうだろうという話ですが、なんと新曲を四曲もブチ込んでいる太っ腹ぶり。特にイノハリ側の新曲「パラレルライン」の、「カナリヤ」ばりの攻撃衝動と爆音疾走オルタナぶりが最高なわけです。ほぼベストの体なんだからそりゃ捨て曲もそうそうないですけど、これは本当に全曲大当たり、特にCOTD/NARASAKIファンなら絶対聴きだと太鼓判を押したい気分。そしてこれの初回盤には今年9月に開催された「覆面系ノイズ」のライブイベントの様子を収録したライブ盤が付いてくるのですが、これが本当にアニメのライブイベントのライブ盤なのかという荒々しさ。特に主人公・有栖川ニノ役、早見沙織さんの激唱ぶりは壮絶の一言で、ニノの魂が完全に降りたかのようなパフォーマンスは鳥肌が立ちそうなほど。ちなみにわたくし、幸運にもこのライブのチケットをゲットして、ほぼ最前で揉みくちゃになりながら観てきたんですが、こういうのが真の神イベっつうんじゃねえの?という感じでした。最高オブ最高でした。もう一回やって。あと皆さんは是非とも初回盤買って聴いて。

in NO hurry to shout;_パラレルライン_音源試聴

in NO hurry to shout;_カナリヤ-LIVE at SHIBUYA WWWX-音源試聴


ヤなことそっとミュート / BUBBLE

BUBBLE

BUBBLE

open.spotify.com
2016年結成アイドルグループ・ヤなことそっとミュート、通称ヤナミューの1stフル。「ヤなことだらけの日常をそっとミュートしても何も解決しないんだけど、とりあえずロックサウンドに切ないメロディーを乗せて歌ってみる事にする。」というグループコンセプトのもと歌われる曲は、90年代のオルタナやエモ、ポストハードコア等を下敷きにして、その時代を過ごしたおっさんの心を鷲掴みにするものばかり。前述のイノハリとは畑違いだけど、今また90年代オルタナがキてるんか?アイドルが90年代以降的感覚で書かれたゴリゴリ・バリバリの爆音轟音ロックに乗せて歌うというと有名どころではBiS、ジャンルは違うけどBABYMETAL、新しいところだとシューゲイザーアイドルとして話題の「・・・・・・・・・」なんかの例もあるので、アンダーグラウンドなところでは市民権を得てきているスタイルなのかなーと思いつつ、それでも未だに「アイドルがロックで歌う」という手法に対し色々厳しい見方をされるムキもあられるのかなーとも思われますが、彼女達はコンセプト通り「ロックサウンドに切ないメロディーを乗せて歌ってみる」ことに成功していると言え、アイドル云々言う前に聴いてみればアラ不思議、これ良いじゃない、となると思います。サウンド的には90~00年代におけるジャパニーズエモの良バンドとして知られたNAHTを引き合いに出されることも多いようで、確かにその辺りを彷彿とさせられますね。フィメールEMOの良盤であり、個人的には今最もライブが見たいアイドルグループの一つ。

ヤなことそっとミュート - Lily【MV】


【まとめ】
えーまあ基本的にはイノハリばっか聴いてましたね。他にもいいのいっぱいありましたが、あえて挙げるなら厳選してこの辺りですかね。他にも楽曲単位ではWake Up, Girls!「ゆき模様 恋のもよう」「TUNAGO」、土岐麻子「Rain Dancer」、アルバム単位ではフレンチCrust/Screamo・POTENCE「L'Amour Au Temps De La Peste」、東京メロディック・TURNING CENTER「DEMO2017」なんかが良かったです。しかしまー今年は全然CDとか買えなかったしライブにも行けなかったので、来年はもっと音楽を浴びるように聴きたい。あとNARASAKIさんは早くCOTDの新作出して。では良いお年を。

2016年「行きたかったのに行けなくて泣いたイベント」5選

2017年 a.k.a. 平成29年、皆様あけましておめでとうございます!!!!「えっ!?このはてダまだ生きてたの!?」じゃねえよ!!勝手に殺すなよ!!深谷です!!去年も沢山素敵なライブイベントが開催されましたね!!多分!!多分っていうのは行きたかったのに結局諸々諸々の事情でほとんど行けなかったから実際に素敵だったかどうかは推察するしかないんだよね!!!!というわけでそんなFxxxxxxxxxxxxxxxxxxKな事情に対する怨念てんこもり、負のオーラに満ち満ちた文章でもって、「本当はメッチャ行きたかったのに結局行きそびれて泣いたイベント」を五つピックアップしてみたよ!!!!今年は行きたいイベントにちゃんと行けるといいな!!!!ちなみにまあ色々と考慮して具体的なイベント名とか出演者名は伏せますが、まあなんとなく調べればなんとなくわかるんじゃないでしょうか。ほんと誰が幸せになれるんだよこのエントリ。


(1) 5月某日・なんかビールが美味いらしい野外ロックフェス
【行けなかった主な理由】 金欠
東京某所で行われた野外フェスなんですが、なんかビールが沢山種類があるのが特色で、それもまあ酒好きビール好きな我輩としては楽しみだったんですけど、それ以上に見たかったのが、ここに出演した某バンドでして。このバンド、数年前に活動休止して以来ずっと沈黙を守っていたものの、2016年春頃に突如復活して、その界隈に衝撃を与えたんですよね。そしてこのフェスに出演したのを皮切りに、何度かライブをやって完全に解散するとのことで、これは絶対にその復活ライブ(実際はこのフェスより前にシークレット的に復活ライブをやっていたのですが)となるフェス出演を見逃すわけにはいかないと息巻いていたのですが…言うまでも無く行けず仕舞いでした。後日YouTubeにアップされたライブ映像を見て「本当なら自分もここにいたはずなのに…」と切ない気分になりました。そしてその後バンドは宣言通り数回のライブを経て正式に解散して、二度と見ることは出来なくなりました。


(2) 7月某日・クラウドファンディングによる野外大型ダンス&アニソンレイヴイベント
【行けなかった主な理由】 金欠
これも東京某所で行われたアニソン系野外レイヴイベントなのですが、過去数回に渡って行われたうち、第2回以来全て遊びに行っていたものの、これは泣く泣く欠席せざるを得ず、遠く離れた仙台の自宅で泣きました。このイベント、毎回クラウドファンディングで資金を募っており、自分も毎回小額ながら支援させていただいて、今回も勿論迷うことなくパトロンになっていたんですよね。しかし、とはいえ、支援した時点で既に「もしかしたら行けないかも…」という不安はありました。同じような不安は過去にも抱えていたのですが、それでも最終的にはなんとか遊びに行けていましたし、今回もなんとかなるんじゃねえの?という期待もうっすらあったものの、まあ結果としては何とかなることはなかったですね、はい。ほんでこのイベント、過去にはustで生配信とかやってたので、多分今回もあるだろうし、まあ最悪行けなくてもust観てようかなとか思ってたんですけど、よりにもよってこの時は配信無し。もう悔しくて悲しくて切なくて、ツイッターに流れてくる現地の楽しそうなツイートも完全に無視してその日は過ごしました。青空が眩しい夏の日でした。


(3) 8月某日・某声優ユニット全国ツアー千秋楽
【行けなかった主な理由】 金欠
全国7ヵ所を巡る最終公演である千秋楽東京、その前の仙台公演は観に行けていたので、千秋楽も是非見届けたいと思っていたのですが、その願い叶わず、結局自宅待機の憂き目に遭いました。これは千秋楽はきっと、というか、間違いなくいいライブになるはずだという思いがありました。確信にも近かった。しかしそれでも諸々な意味で東京は遠く、ツイッターに流れてくる絶賛の嵐の感想ツイートを死んだ魚のような目で眺めるしかないという結果に終わったのです。なんとこの千秋楽東京公演では演奏は生バンド、その他も今ではレアとなった初期衣装の披露もあり、そしてツアーでのライブを重ねることで脂が乗りまくったパフォーマンスも実に素晴らしく、本当にあまりにも素晴らしすぎて、その後しばらくは他のライブを観る気も起きなくなるようなとんでもない内容だったようで、それを知ったわたくしは死にました。親をドイツの謎のソーセージ屋に売ってでも観に行くべきだった。ギリギリまでチケット残ってたのに…。


(4) 8月某日・パンク/ハードコア系某ロックフェス
【行けなかった主な理由】 イベ被り金欠
福島県某所で行われたハードコア系ロックフェス、毎年メンツが大層自分好みなのもあってなんとかして行く算段を立てているんですが、2016年は金欠に加え他のイベントとモロ被りしてしまい、全く行くこと能わずといったところでした。毎年二日間開催してるんですが、結局フル参加したの初めて行った年だけじゃねーか!!去年は主に金欠で行けなかったし、一昨年は二日目が他のどうしても外したくないライブと日程かぶって一日目だけ観たし…。自分にとっては第二の故郷ともいえる場所での開催ということもあり、ほんと毎年フル参加したくて、なんとかして行こうと画策してはいるんですが、様々な事情に阻まれ懐がカッツカツになったりして、結局行けず仕舞いという状況になっております。多分今年もやるはずなので、今年こそフル参加したい。さもなくば死にたい。


(5) 9月某日・某ハードコアバンド初期メンライブ
【行けなかった主な理由】 平日金欠
バンド自体はメンバーや音楽性や形態を激しく変貌させつつも継続していたんですが、ここにきて突然初期メンバーで初期のような荒々しいサウンドで東京某所にてライブをやると聞き、これは是が非でも観ねばならぬと思っていたものの、これ平日じゃねーか!!しかも金もねえ!!ということで諦めざるを得ず。初期は所謂カオティック/ポストハードコア的な混沌とした絶叫ボーカルのハードコアパンクだったのですが、その後ニューウェーヴ・リバイバルの流れに乗ったかのようなサウンドになり、その後はボーカルの方のソロプロジェクトと化してハードコアからは遠く離れたポストロック〜フュージョン系プロジェクトになっており、それはそれで悪くはなかったものの、もうハードコアはやらないのかなあ…と思っていたら、まさかの初期メンバーでのハードコアなライブと言うことで、ほんとマジでマジで見たかったんですけどね…拘りがあるのはわかるけど、そんな超重要なイベントがなんで平日やねん、と…。


【結局、どうして行けなかったのか?】
ぶっちゃけ遊びに行けるほどのまとまった金がなかった


【では、今後同様の事態を回避するために今度どうすればいいのか?】
収入レベルを高める


身も蓋もないね!!要は今の稼ぎがあまりにも少なすぎるのが問題なんですよ。もっとまともな稼ぎがあれば、上記すべてのライブを観に行くのは無理だったとしても、三つくらいは遊びに行けていたはずなんです。結局は金が全てですよ。とはいえ金が全てとか言うと眉をひそめる方もいらっしゃるとは思いますが、金で解決できるならさっさと金で解決した方がいいですよ。精神論や気合だけじゃどうしようもない現実があるんです!!!!というわけで2017年の目標は「遊ぶために働いて稼ぐ、具体的に言うともっと稼ぎのいい仕事に転職する」という点に定めていきたいと思います。誰か五千兆円くらいくれねーかな。深谷でした。

どんなイベントにも顔出す町内会の名物オヤジ(職業不詳)

クリスマスどころじゃないくらい仕事も日常もアレでアレなもんでメンタル的にもアレで本当に一つもクリスマス気分じゃないんですが、皆様はいかがおすごしでしょうか。ツイッターでクリスマス大喜利する気力もそれを眺める余裕もないし、クリスマスリア充死ねツイートする怨嗟の力も非モテアピールする自虐の力も残ってないよもう。サンタさんには睡眠時間を24時間くらいプレゼントして欲しい。アラームもセットせず、何も考えず、何も背負うものが無い状態で、ただひたすらに眠りたい…。大体リア充爆発しろとか何だよ? 非リアによるリア充叩きと非モテアピールなんてテキストサイトが流行した時代の負の遺産だとばかり思っていたけど、歴史は繰り返すんですかね。リア充が爆発したところで君達に勝ち目が無いこともわからないんですかね?

  • リア充が爆発して死ぬ。
  • 沢山いるリア充のお友達(ほぼ全員リア充)が悲しむ。
  • 葬儀に沢山の友人知人(8割方リア充)が弔問に訪れる。
  • 爆発したリア充の死を涙を流して悼む人々で溢れる。
  • 「○○君がもういないなんて、信じられない」「なんでこんなに早く○○が死ななきゃならないんだ」
  • 数年後、ふとしたきっかけで死んだリア充の話題になり、「あいつ、いい奴だったよな…」と強烈な不在感に襲われる。
  • 爆死したリア充・○○君は、いつまでも、彼らの心の中に…。

リア充死ねとか未だに言ってる輩はきっと死んだ翌年には話題にも上らなくなってますよ。ああ、そういやそんな奴もいたな、程度で終わりますよ。人間、一番悲しいことは、嫌われることではなく、忘れられること、とはよく言ったものですね…。どうでもいいけどこの三連休は全く心身ともに休まらず、余計に疲労が蓄積しただけで終わりました。買い物に行ったイオンの家電製品コーナーにおいてあったタブレット端末の言語設定がなぜかポルトガル語になっててわけ分からなかったので日本語に直してあげたりしてました。もうとにかく眠りたい。おやすみなさい。

いつも心に散弾銃

次の更新は来年の夏とか言ったけど、やっぱまだツイッター見るのつらいからはてダに書き散らすよ。ほら今日冬至だし、今日からどんどん日が長くなるし、そうなったら春が来るじゃん? 春が来たら夏が来るじゃん? これはもう夏ですよ。俺達の、俺達の夏…。
ところで昨日はラブライブ4thライブのチケット一般発売にだったわけだけど、2分で爆死したよ。実際は1分で瞬殺だったそうだから、僕は1分という貴重な時間を電話のリダイヤルをしつこく繰り返すことで無為に浪費してしまったというわけだ! ハハッ! こいつはケッサクだ! とんだお笑い草だ! ハハハ、ハハ、ハ…(空を見上げ、顔を手で覆いながら)(頬を伝う一筋の涙…)
あ、申し送れましたがわたくし、けいおんおじさんを経て現在はラブライブおじさんになってます。でもけいおんは、部室は、放課後は、永遠に私の心の中に生き続けます…! それはともかくμ'sの推しメンは星空凛ちゃんです! 凛ちゃんが可愛すぎて先日凜ちゃんのパーカーを注文しました。これを着てさいたまスーパーアリーナ(略していたパー)に赴くつもりだったのに…。ブルーレイ7巻初回盤購入者限定の最速先行予約で大爆死、その次の特別先行でも大爆死、そして今回の一般でも大爆死。何回爆死して肉片を撒き散らせばいいのか…。んでんでんで、そしたら全国でライブビューイングをやるそうじゃないですか。もうこれに賭けるしかないよね。俺達の、俺達のMOVIX仙台(映画けいおんの時は通いつめて大変御世話になりました)でもやるようだし、二日間行くしかないよね。でもこの調子だとライブビューイングの先行予約すら大爆死しそうですよね。そして一般も当然大爆死ってな寸法さ! だとしたらどういうこと? おめぇーの席ねーがら!ってこと? 後日発売されるライブDVDでも買って実家の六畳間で夜中に電気消してヘッドホンかけて一人で見てろってこと? ああ、そうなりそうだよ…そんな未来が…未来が見える…AKIRA君が目覚める…ネオトーキョーが光に包まれる…。
戦争だって? そんなものはとっくに始まってるさ。問題なのは、いかにケリをつけるか…それだけだ。

お前の頭に変な虫が

YO 俺は体調悪い。みんな元気してたかな〜?(壁に向かって)深谷のおっさんだよ。ここしばらくツイッターばっかやっててはてダには見向きもしてなかったんだけど、正直ツイッター見るの疲れたのでちょっと戻ってきたよ。普段は無視してるくせに、こんな時ばかり優しくしてくるなんて、どうせあなたにとって私は都合のいいだけの存在…。そんな風にはてダには思われているかもしれませんね…でも忘れないで欲しい、はてダの存在を完全に忘れたことなど、ただの一度も、ないってことをサ…。
しかしまあ、戻ってきたはいいんだけど、特に書くこともないんすよね。今は仕事が年末のアレで大変アレでアレです。帰ってきたらメシ食って風呂入って即寝てます。戻るにしてもタイミングが中途半端すぎた。どうせなら年明けと同時に戻ってきて、なんか意識高そうな抱負でも述べればいいような気もしますが、そうしたところでどうせ次の更新はさらに一年後とかなんだから意識の高いフリしても…ねえ? 意識低い三十代としては、こういう中途半端な時期がお似合いってね。早くも特に書くことなくなりました。意識の高いユーザーが多い(という印象を勝手に持ってる)はてなダイアリーの中でも屈指の中身の無さ!次の更新は来年の夏です。夏に更新されなかったら諦めて下さい。諦める? 最初から貴君になぞ何も期待などしていないのだが? くっ…きっ貴様! 抜けッ!(何を) ではまた(来世で)。

パーイパパーイパーイパーイパパーイパーイ

長らく放置してたmixiを先ほど退会しまして、そこで公開していた、「東北本線の駅とその周辺地域」をお題にして書いていた嘘八百日記をはてダに転載してみましたよ。とりあえず日記のデータだけ一括して保存できればそれでよかったんだけど、そういうことできないぽかったので全部手作業でコピー&ペーストしたよ!クッソめんどくせえ![mixi日記]というカテゴリーで読めるよ!今改めて読むとツッコミどころが色々ある上にどう考えてもテンションおかしい。何が何でも毎日更新しようとして、あらかじめ書いといた日記を携帯にメールで転送し、出先からメールで投稿して毎日更新してたよ。RSRで北海道行ってるはずの日にまで更新してるのはそのためだね!バカですね!結局息切れして途中で止まったけど。いつかは完走したい。上野は遠い。


そんなわけではてなダイアリーではおひさしぶり!あの最後の更新の翌日に大震災が起きてえらい目に遭いましたが、この通り僕は無事に生きてますよ。普段はTwitterでグダグダやってるので、よかったらフォローしてネ! https://twitter.com/#!/ffkkyy

おかいものメモ(眠りに就く前に)

今猛烈に眠いんですけど、寝る前にちゃっちゃと最近のお買い物をまとめておこうと思いました。ドーン。
Violence Pop Swing and Circle on the Fluyt tender blue Obsession・ep HIGHVISION

ENDLESS INERTIA、ORCHID、PORTRAITS OF PASTは通販、他は全部ブックオフでやっすく拾ってきました。ENDLESS INERTIAは確かイタリアの激情バンドだったか。既に解散してるそうですが、向こうの方の激情はいいですね。日本やアメリカの激とはまた違う風情があります。Idol Punchのコレは一度再発されていて、そっちの方が中古価格が異常に高騰してるというよくわからないことになってますが、多分理由はジャケが再発盤の方がエロいからでしょう。
ほんでは眠いので寝ます。