65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

BIT 'EM ALL - 2004/8/31

■8月最後の本日は踏んだり蹴ったり、ロクでもねぇ一日でした! そして世間では「明日から新学期! 宿題はやったかなー?」とか何とか戯れ言をぬかしているご様子ですが、東北や北海道の小学生なんかはとっくに新学期始まってるっつうんだよ! またか! また東京主体の考え方か! と、自身も小学生だった頃の悲しみを思い出したりしつつ、そんな自分を励ます意味も込めて音楽を聴いたりしたよ。


まず、COPELANDBeneath Medicine Tree』 。美エモという事で買ってみましたが、確かに胸が締め付けられるような、切ないメロディが印象的。とはいえ、美エモという点では先に愛聴しているMaeに比べると、良いことは良いけど…という感じだったのですが、結局何回も聴いてしまっています。やはりメロが良いんですね。サウンドも割とシンプルで、変に情感込めすぎてクドくなるような事もないし(ちょっとベタというか大仰に思える所もあるけど)、ボーカルもいい声してます。このバンド、世間的にはEMOという括りに入っているせいか、ショップでもPUNK/HARDCOREのコーナーにあったんですけど、音的にはだいぶ穏やかで、曲調もスロー〜ミディアムテンポの曲がほとんどを占め、ちょっと疾走感がある曲もあるにはあるけど、特にパンクというわけでもないです(パンクを通過してはいるだろうけど)。とりあえず、#2「testing the strong ones」が、メロディ的にも楽曲的にも一番好きですね。

Beneath Medicine Tree

Beneath Medicine Tree


SLOWDIVESouvlaki』 は、1stの延長的な内容ではあるものの、全体的には成長が感じられるものになってますね。マイブラが快楽の奔流にのめりこんでいくような甘いメロディと轟音を放出しているのに対し、こちらはあれほど偏執狂的なノイズの壁は無い代わり、繊細かつ耽美なメロディとサウンドで、静謐かつ神秘的な雰囲気と凛とした冷たい空気が全体を包み込んでいます。なので、マイブラ的な音の壁やロックバンド的なダイナミズムだとかを求めていると肩すかしを喰らうんですが、アレですね、シューゲ云々ロック云々という聴き方をするより、なんつーか、アンビエント感のあるポップス(ドリーム・ポップ?)的なイメージで聴いた方が素直に聴けそうです。

Souvlaki

Souvlaki


Manuel Göttsching 『E2 E4』 は、ずっと前から聴いてみたかった一枚。一時間近く続くワントラック・アルバムなんですが、延々と続くチルアウト/アンビエント的サウンドと、そこに絡んでゆくギターの音色は実に心地よいです。これ1984年リリースの作品なんですけど(録音自体は1981年だそうです)、何も言わずに知らない人に聴かせたら、そんな昔の作品だとは思わないかも知れない。それくらい、今聴いても全く古さを感じさせません。昔、石野卓球がオールタイムベストの一枚に挙げていたりと、テクノ系ミュージシャンなんかには評価が高い作品で、僕もそこら辺の流れで知ったんですけど、確かに聴いといて損はない一枚だと思います。

E2 E4

E2 E4


スガシカオの新曲は、相変わらずの良質なポップ・ソングと言った具合で、次のアルバムが実に楽しみです。BUMP OF CHICKENのアルバムは、まだ一回しか聴いてません。どうにも 『オンリー ロンリー グローリー』 以降のモードにはちょっと着いて行けない感じです。恒例のシークレット・トラックは、今まで以上に重くシリアスな本編からの反動なのか、これまでにないバカっぷりが実に素晴らしかったんですが。


■そーいやー、よく行くリサイクルショップで、ヤマハのアナログシンセが12000円くらいで売られてたんだけど、あれは買っておくべきなのかなあ。今度もっとよく見てこよう。


■本日の気になるニュースとか。
以下三つはミュージックマシーンより。
HMV限定販売!!Tokyo No.1 Soul SetのTシャツ付きCD-R!!! うおおおお。
yes,mama ok?の金剛地武志がエアギター世界選手権で4位に すげーおもしれー。快挙ですよ快挙。
ロードオブメジャーがメジャーデビュー つーか、今までインディだったんだ…。


ROVOが初のライヴDVDを完全限定生産でリリース
ダークネス、「成功の95%はクソ!」
フー・ファイターズ、大統領選での曲使用に異議
【その後のあの話〜Warp Records PV集編】 これで3990円は安いと思うよ。
RUBBER CITY REBELS、来日前に編集盤が登場!
クラフトワークのリマスター盤、日本ではCCCDでの発売に【改訂版】 やっぱCCCDっていうのが問題だったんじゃないんですか?