65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

MY WAY MY LOVE / Nothing is difficult to those who have the will

Nothing is difficult to those who have the will

Nothing is difficult to those who have the will

購入後、一・二度聴いただけで何故か放置したまんまだった一枚。ふと何気なく聴き直してみたら、あらいいじゃない。かっこいいじゃない。つうかえらくかっちょいいじゃない。何で今まで放置してたのか、自分で自分が解らない。徹頭徹尾ハードでヘヴィでノイズな轟音祭りここに勃発。特に#1「KILL YOUR IDOL」〜#2「otokonokoonnanoko」が凄くいい。獰猛な野獣のようなテンションのまま、醒めて狂ったダークなノイズとヘヴィネス。全員日本人・正真正銘日本のバンドなのに、不意に耳に飛び込んでくる日本語の歌詞に、妙に不穏な空気を感じてしまうのは何故なのか。かと思えば#4「THE RAINBOW SONG」ではノイズ感溢れる轟音はそのままに、キラキラとライトアップされた夜の遊園地にでもいるかのような音世界を描き出しております。しかし続く#5「INTERNATIONAL XX」〜#6「SPEED VS DISCORD 〜 SPAZZ YOU」あたりでは、タイトルまんまじゃねえかというような轟音ノイズで駆け抜けてまいります。最新作「JOY」も素晴らしくかっこいいんだけど、これは30分弱というコンパクトな尺なので、あまりダレることなくサクッと聴けます。MWML入門盤としてはいいかもしんないですね。
「(早口で)羊が一匹二匹三匹四匹」
「おーとこのこ!! おーんなのこ!! おーとこのこ!! おーんなのこ!!」
どうだ気になるだろう。