65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

BOOM BOOM SATELLITES JAPAN TOUR 2008 @ SENDAI CLUB JUNK BOX

ブンブンのライブに行って参りましてん。正直新譜が普通にロック過ぎて「うーん…」と思ったクチなので、このライブもあんまりテンション上がりきらないまま望んだのですが、まあ結果としては結構楽しかった、っていうね。
最初に物販覗いてみましたが、あんまコレってのが無いなあ。てゆうか最近、ライブ見てもバンドT買わない事が多いな。そんな中、これなら割といいかなってのがあったので買おうと思ったら、スタッフの人曰く、どっかのブランドとのコラボTだそうで、お値段7,000円でのご奉仕だそうです。ななせんえん、て。バンドTは安くあるべきと信じて疑わない系統の人種であるので、パスしました。3,000円なら買ったんだけどな。てゆうか今回、事前にTシャツ買って着込んでる人少なすぎ。ロッキングでオンでジャッパーンな系統のバンドだと、制服かってレベルでみんな着てるのに。
チケットは完売とのことで(とかいいつつ当日券出てたけど)、キャパ450人のジャンクボックスは超満員でうへえ。ダンスアクトで超満員だと、踊るスペース無いからかえってストレスなんだよなあ(その点野外フェスとかだとスペースいっぱいあって超快適)。とはいえゼップでやったら多分ガラガラで切ない結果になりそうだし。仙台にはジャンクボックスとゼップの中間に位置するキャパのハコが無いのが欠点だな。キャパ700〜800前後のハコがあったら良さそうなのに。マカナとかの小箱→ジャンクボックス→キャパ7〜800のハコ→ゼップ、っていう出世魚の如きランクアップ。
お客さんはどういうノリでこのライブに臨むのだろうなあと思いつつスタートを待っていたんですが、なんかこう、いかにも「モッシュしちゃうぜー!」ってなオーラをガンガンに振りまいてるような、首にタオル巻いてるような血気盛んなヤングチームが結構多くてですね、ああー、こりゃ踊るような余裕はあんまないかなーとか思いました。かといって後ろの方は割と棒立ち&揺れる程度のノリで終わりそうだし、そんな中でガン踊りする勇気は僕にはなく。ください、誰か、勇気。結局ねえ、みんなダンスよりもロックに行っちゃうのかなあとか、ちょい悲観気味なムードでいたんですよ。アルバムもフツーにロックアルバムだったしねえ。あーもうなんか、ライブハウスじゃなくてクラブ行って踊りてえ、ハードテクノとかでガンガンに踊りてえ、そんなモードに切り替わっていったのですよ。
ほんでスタート。多分みんな、ガーッと前に詰めていくんだろうなあと思ってたら、意外にもほとんど前に詰めず。これには、おや? と思った。そしてみんなその場で踊りまくり。前の方は完全にロックバンドノリだろうなーと思い込んでたので、これは予想外でした。てゆうか最前はともかく、フロア中央あたりにある柵っていうか手摺?から前はモッシュダンスがごっちゃごっちゃになってて、踊り狂ったり暴れ倒したりでわーわー言ってて軽くカオスってました。まあ、誰にも邪魔されず本気で踊り倒したいって人には、モッシュは鬱陶しいことこの上ないでしょうけど。ブンブンみたいにダンス+ロックなバンドにはこういうノリが一番合ってるのかなと。ロックノリ丸出しでoioi言いまくってんのもなんだし、だからといって全員揃ってひたすら踊ってんのもちょっと違うんかなと。まあ僕は踊りますけど。
選曲は当然ニューアルバム中心。あまり大きなアレンジは加えられていないように感じたかな。なので感触はかなりロックなんですが、爆音で音出されるとやっぱ踊れますね。低音の鳴りなんか、普通のロックバンドでは出さない・出せないような感じですしね。「踊れる程度」の音ではなく完全にクラブ・ミュージックを通過した上でなければ出ないような音だし。ロックだなんだ言ってもブンブンはダンス魂を忘れてくれてはいないなあと安心。
ただちょっと気になったのは、ニューアルバムや前作「ON」の曲なんかはみんな反応いいんですが、その前の「FULL OF〜」あたりはあんまり聴いてないリスナーが増えてるんでしょうか。久々に「RIDE ON」とか聴いて自分的には相当アガったんですけど、みんな反応イマイチなのな。大傑作だからみんな聴けばいい。「DIVE FOR YOU」とか「MOMENT I COUNT」はライブの定番だから盛り上がったけど。てゆうかこの二曲のかっこよさ&盛り上がりっぷりは相変わらず異常。特に「DIVE FOR YOU」のライブアレンジバージョンは何度聴いても震えるほどイカスわけですよ。ブンブン聴く上でちょっと残念なのは、昨今の作品はイマイチ音が尖ってないように感じること。「ON」以前までは、脳や神経に直接突き刺さってくるような硬質な鋭さ・攻撃力・殺傷力・剥き出しの闘争本能のようなものがあったと思うんだけどなあ。最近のはちょっと音が丸くなったというか、「ロックバンドが打ち込みやりました」的な音に聞こえるんだよなー。その点、この曲のライブバージョンは、当時の音の鋭さが感じられていいなあ、と思うわけです。
そんなこんなで、アンコールもあって無事終了。楽しかったけど、やっぱ踊るスペースが無さすぎなのが難点だったよなー。ブンブンにはもうちょっとビッグになってもらって、今度はゼップでやっていただきたい。ゼップ程の広さがあれば、好き放題に踊り狂えるはずだ! あーあとは「SLOUGHIN' BLUE」とか「SOLILOQUY」も聴きたいんだが、今度やってくんないかなあ。
そういやCD購入者先着50名限定サイン会とかやってたけど、サイン会て。