65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

ストレイテナー "Hello Miss Weekend Tour"@仙台CLUB JUNK BOX

からだが!
いたい!
(以下、全然テナーさんの話をせず、ひたすら「きつい」としか書いていないレポ)


というわけで山形で踊るだけ踊った翌日は、オノレの年齢も考えずにストレイテナーさんたちのライブに行って圧縮されるだけされてきたんですが、ここ最近で一番キツかったです。先日凛として時雨のライブ見た時もキッツかったんですが、前日の疲れが残っていたこともあって、それ以上にキツかった。何度か彼岸の彼方が見えた。それでも頑張った。正直、ほとんどメンバー見えませんでしたが…。
会場のキャパが最大450人に対して整理番号が300番台後半というハンデをものともせず、意地で前方5列目くらいまで突入してみましたが、ジャンクボックスは本当に前の方に行かないとロクに見られない仕様なので、ほとんど前の人の後頭部ばかり見る結果に。でもまあ、何故か終始自分の真ん前で埋もれていたちっちゃい女の子に比べれば、まだマシだったか… いやしかし、あの女の子、以前他のライブでも自分の真ん前にいたような。それでぴょんぴょん跳ねるもんだから、その子の頭が僕の顎にぶつかりまくって痛いことこの上なかったです。さらに、その子はステージを良く見ようとするのかそれともバランス崩して倒れそうになっていたのかわかりませんが、たまに反り返るよな姿勢を取るので、圧縮されてほぼ密着状態にある自分まで強制的に反り返ることになるため、背中と腰にダメージを喰らいました。強敵だった…。最初は、会場内でも一番デカいと思われる男性が最強の相手と思われてましたが。まあね、デカイ人だって前の方で見たいよってなもんでしょうけど、さほど背が大きくない自分にとっては、そういうデカイ人が前におられては何も見えないわけで、何とかその人の後方だけは回避しようとあの手この手で移動を試みるんですけど、どういうわけかその人の背後に押し戻され。しかし一瞬の間隙を突いて脱出成功。これで快適じゃーい!と思ったら、真の相手はデカイ人じゃなかった、っていう。
テナーさんの話をまるでしていませんが、四人編成になってから初のツアーということで、うーん、まだ四人になったことによる利点を生かし切れてないような印象が強いですね。これまで三人でやっていたことを四人に分担した結果、音が厚くなるのではなく逆に薄まったような感がありました。特に前半。まあ、まだこれからですかね。アルバムに期待しましょう。
それにしてもここ最近はゼップでやっていたテナーさん達なんですが、今回は会場がジャンクボックスだったわけですよ。お客さんは勿論、メンバーからさえも灼熱地獄と恐れられるジャンクボックス。そしたらホリエMC。
「ジャンクボックスでは二度とやるまいと思ってましたが…」
「ここはキツイっていう印象しかない」
とか、ハコのスタッフも聞いてるだろうに、容赦なく言ってたのが印象的。でもまあ、次はゼップでやっていただきたい。客も暑いし見えないしキツイから。もっとライブを楽しみたい! もっと色んな曲聴きたい! という気持ちの一方、きつい! つらい! 早く終わって! って思ってもいました。かなしいね。あとチケット取りづらくてしょーがない。それとジャンクボックスはステージを30センチくらい高くしなさい。
終演後、ドリンク行列に並んでポカリを一気に飲み干し、ぐしょぐしょになった買ったばかりのTシャツを脱ぎ捨てるようにして着替え、グッタリしながら帰路に着きました。翌日が日曜で本当に良かったと思った。ところで買ったばかりのTシャツを速攻汗まみれにさせるライブハウス住人て凄いよね。凄いというか酷いというか。