読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

永遠にさようなら2008年

過ぎ去ったあの日は、もう二度と戻っては来ないのです… ということを言いたいわけではないですが、なんかあっちゅー間に今年も終わりが接近してますね。年の瀬感ゼロですけどね。今なんとなく紅白垂れ流してるけどね。明日(元日)は仕事だけどね。今、一年で一番様子がおかしくなる小林幸子が歌ってました。あれ? Perfumeって出番終わったん? なんだよもう見る価値ねーな… ところで今年も岡村さんのカウントダウンは無いんですね。もうやらないのかな。あのグダグダ感が好きだったんですけど。結局今年もゆく年くる年でしっぽりと年越しであります。
いやー今年も色々あったなあ… いや、本当に。本当に色々あったよ。楽しいこともあれば辛いこともあった。来年はもう少しくらい静かな一年にしたいと思う一方で、乗れる祭りには全て乗れ!という気持ちもあります。来年わたくしも32歳です。やりたいことをやれるのもそろそろ限界が近づいている、っていうか、32歳になんの? 自分で書いといてビックリです。唐突ですけど、昨日風呂入ってたら、小学校の時の記憶が蘇りました。クラスで飼育していたメダカだか金魚だかがいたんですけど、毎日水槽の水温が上がりすぎないようにヒーターの電源を切ってから下校するんですけど、ある日、誰かが一度抜いた電源を入れ直してしまい、翌朝飼育係が登校してきたら、水温が40度近くにまで上がっており、魚がすっかり茹で上がって全滅していた、という事件があったんですよね。で、ホームルームで「電源入れ直したのは誰だ!?」っていう犯人探しが行われたのですが、当然名乗り出る者はおらず、事件は迷宮入りとなりました。しかしその犯人、もしかしたら、自分なのではないかという疑念が今でも晴れずにいます。でもちょっと待ってくれ、僕がやったのは「抜いて置いた電源を入れ直した」のではなく、「抜けかけていた電源をコンセントにしっかり差し直した」っていうだけなんだ! そのはずなんだ! 多分。ほんの一瞬の行動だったので、自分でも記憶が漠然としており、「抜けて」いたのか「抜けかけて」いたのかまでははっきりと覚えておらず、事件当日のホームルームでは、何も発言できなかった。しかし自分は、あの事件から20年以上の年月が経った今、当時の担任の年齢よりも上になったであろう今、2008年が終わって2009年を迎えようとしている今こそ、改めて言いたいのです。


「俺じゃねーよ!」


そんなわけで年越しそば食ってきます。よいお年を!