読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

深谷さんのドキ★ドキ☆山形珍道中記

山形までドラびでお観に行っててきました。珍道中とか言っておきながら、特に面白いエピソードはなく、割とソツなく過ごしてきましたが。以下ダラダラとした記録。

  • 出発前にガソリン給油。あと帰りのメシを安く買っておく。それと道路地図を新調(非カーナビ派)。
  • 午後二時頃出発。今回は多少余裕があるので、48号線経由で山形へ。
  • 道路沿いに建てられた気温計は、陸前白沢駅近くでは16度という四月並みの気温をマークしていたのに、作並あたりでは11度になり、山道に入ると6度になっていた。
  • 48号線・関山峠をひた走るも、何故か後にも先にも車がいない。
  • 山形方面からはバンバン車が来るのに、仙台方面からは全く来ない。
  • 自分が峠に入った直後に仙台で大災害が起きて通行止めになったのだろうかしらん…とかどうでもいい事を考える。
  • 40分くらい走ったら山形入り。ようやく人里に入る。
  • そのまま48号線をひた走り、国道13号線に入る直前、前方にエロDVD屋を発見。最初は山形ブックオフ巡りをしようと考えていたものの、反射的にそちらの方にハンドルを切る深谷さん。山形まで来て何をしてるのか。
  • 今の気分にハマルようなのは無かった。でも店内は広々としてなかなかです。
  • 次に向かうは、山形ユニクラーの聖地と勝手に認定している、ユニクロフレスポ山形北店。山形唯一の大型店であります。
  • その前に、近所にあるブックオフ山形馬見ヶ崎店へ。そしたらここが、何をどう見ても元はユニクロ店舗だったっていう店構えで、少々切ない気分に。
  • ここは結構いい品揃えだったように思います。特に買わなかったけど、今度またじっくり見に来よう。
  • しかし少々時間が押してきた感があり、まあユニクロユニクロだしなあと思って今回はパス。聖地巡礼はまたの機会に。
  • 次に向かったのは、山形のミュージックシーンを支えてるっぽいミュージック昭和というお店。
  • 実はそんなに期待してなかったんですが… なんだこの店。品揃えが異様すぎる。本来はジャズレコード等がメインなんでしょうか。その流れからなのか、エレクトロニカ、音響系、ノイズ・アヴァンギャルド、現代音楽なんかの専門コーナーが小さいながらも作られていて、普通のロックやポップスよりも重点が置かれてる感が。
  • 中古もブックオフとかの中古屋とは違った品揃えで、うわーこれじっくり見たいなあーと思うも、やっぱりあんまり時間がなくてザッと見ただけで撤退。今度じっくり見る。
  • 次は山形ラーメンの有名店の一つ、龍上海の山大医学部前支店。ここウマイよと教えて貰ったので、折角だし山形ラーメンの一杯でも食わないとね。外観は一見して、どこにでもありそうな普通のラーメン屋さん。
  • 食ったのは、一番人気であるという赤湯からみそラーメン。確かにウマイですね。最初は普通に食って、それから少しずつからみそをスープに溶かしながら食って、2/3くらい食ったら全部溶かして食い尽くしました。美味いけど辛い! 辛いけど美味い!
  • ちなみにネットで調べたら780円って書いてあったのに、実際店に行ったら850円になってた。あれ?
  • まだちょいと時間があるかと思い、もう一件ブックオフに。今度は山形寿店というとこ。馬見ヶ崎店と比べると品揃えはいまいちかなー。でもここで一枚購入。500円也。
  • さてそろそろ行くべかと、サンディニスタへ車を走らせる。
  • 近くの駐車場に停めようと思ったら、何故かそっち方向に曲がれず。え? あれ?
  • 別に進入禁止でもないのになんで? 仕方なくぐるーっと迂回。実際山形中心部の道路って変なところで一通になってたりでよくわからん。
  • 駐車場に停めて外に出ると開場5分前。慌ててサンディニスタへ。
  • しかし人が全然いない… 開場待ちらしき人が数人いるけど、果てしなく内輪か関係者っぽい雰囲気。これはさすがにキツイと思い、しばらく時間をずらしてから中に入ることに。
  • 15分くらい経ってから中に。やっぱりお客さん数人しかいない。でもまあ多分あと少しでライブ始まるだろうと思っていたら。
  • その後、一時間以上に渡り、僕はソファの片隅に座り、必死で携帯を弄りながら、孤独を紛らわせていたという。なんだよこれ! スタートがこんなに遅いなんて聞いてねーよ!
  • 周りはもうほぼ全員が仲良しグループ or 関係者という超内輪な雰囲気。あーこの人一人で来たんだなーと思ってたら、後から来た人と「おつかれーwww」とか挨拶しだす始末。お前もか! 結局本気で一人って自分くらいだった予感。完璧アウェイ。死にたくなった。
  • ようやくライブが始まったのが20時半頃。なんだよ、だったらこの時間でもっとブックオフ見て回れたよ…。超がっかりな深谷さん。しかしここは、ようやく始まったライブに集中します。
  • ドラびでおまでは地元バンドが順次出演。なんというか、山形アンダーグラウンドの一旦を垣間見たようなメンツでした。ノイズバンドのTV PANIC、大人のムードで唸らせるギリギリBOYS、変拍子バリバリなフュージョン・ファンクとでもいうのかendakadoruyasu(なんちゅうバンド名だ)。
  • 個人的にはMETOROIdって人が面白かった。音もアクションも超ハイテンションなブレイクコア、っていうのかしら。でも曲間における、フロアの異様な沈黙っぷり&静寂っぷりは、見ていて若干ハラハラしました。緩急つけてノンストップでやったらいいんじゃないのかしら。
  • 遅くても11時頃には終わるだろうと思っていたのに、ドラびでおが始まる頃には日付が変わっていました。完璧予想外。
  • で、ドラびでお。大半の曲というかネタは去年のdo itで見た物でしたが、二度目でも結構楽しめました。初見の時も思ったけど、手法やビジュアルに目を奪われがちだけど、実は曲そのものも結構格好良かったり面白かったりするんだよね。古い映画のキスシーンを集めてネタにした曲が特に好き。あれはかっこいい。
  • しかし相変わらず下らないネタは徹底的に下らないのが素敵ですよね。社会批判的な部分もあるんだけど、あれは社会批判というより単にネタにしてコケにしてるだけだと思う。
  • 女子ドン引き確定なエログロ悪趣味系の映像ネタもあるんだけど、あれは一体どっから引っ張ってきてんだろう。
  • ラストはマツケンサンバ?+ブルーマンデーマッシュアップ。意外なほどにハマってる。
  • 今年は他の人とのコラボなんかにも力を入れていくそうで、今度は灰野敬二さんやROVOの勝井さんあたりと来るそうな。やべー灰野敬二見てえー。
  • やっと終わった時には午前1時前。なんでこんな時間に。駐車場に戻って車の中で夜食。そして帰路へ。
  • 運転中はずっとサカナクションを爆音で流し、一人カラオケ状態で歌いまくり。普通にカラオケ行きてえー。
  • しかし途中で道を間違え、ごく普通の住宅地に突撃していく深谷さん。どうりで国道っていう感じがしないと思った。
  • ようやく国道13号線に乗り、昼間来た道を反対方向に走っていく。そして再び関山峠越えをすべく48号線に。
  • そしたらいきなり目の前をリスたんが横切っていったー! ああっだめです><;;;; 今のタイミングは完璧轢いたです><;;;; リスたんミンチです><;;;;
  • だが止まることもままならず、そのまま走り去る。あーいや今のはどう考えても轢いたよなー… うーんでも車体には何の衝撃もなかったよなー。
  • しかしよーく考えてみたら、真冬の1月の山の中の道路をリスが横切るってどう考えてもおかしいだろうと。どう考えても冬眠してるだろうと。あーそうかー。
  • その後、道路の上を枯葉がヒラヒラ舞ってるのを何度か目撃し、一瞬これをリス的な小動物と誤認したのだろうという結論に至りました。ありがとうございました。
  • ところで関山峠って走りやすいですね。山道なのに、ちゃんと照明が設置されてるんですよね。やっぱりこんな山奥で事故られちゃかなわんという配慮からなのでしょうかねー、と思ってたら。
  • 山形県側はまだ良かったのです。宮城県側に入り、関山トンネルを抜けたら、いきなり真っ暗。えー!? 完璧にさっきまでとは別世界じゃねーか! どういうことだよ宮城県! こええー!! 超こええー!!
  • こんなところで死んだらかなわんと思い、速度控えめ超安全運転で、真冬&深夜の関山峠を駆け抜ける深谷さん。マジで怖かったです。作並温泉に辿り着いた時には心底ホッとしました。
  • 妙にテンションが上がってしまった深谷さん。この勢いのまま、多賀城の万代書店まで行っちゃ王! とか思い立つも、さすがにそれはどうだろうという理性が働き、散々逡巡しながら車を走らせ続けた結果、自宅近くまで来たところで、家の方にハンドルを切りました。ザ・大人の判断。そもそもまともな大人はこんな強行軍やらないという気もするが。
  • 午前3時前頃に無事帰宅。その後風呂入ってネットやって、どういうわけか朝7時頃に就寝。「ブレーキを踏んでるはずなのに何故かスピードが上がっちゃって、カーブを曲がりきれずに事故る」という悲しい夢を見ました。