読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

おかいものメモ(仙台のビル風の冷たさは異常)

シシリアン・ラスティック Guilt Show STAR ARTS Plantation Lp2 ならば、意味から解放された響きは『音』の世界の深淵を語る。 Do You Know Who You Are?

最近の購入物&エモいの聴こうぜのコーナー第二弾です。TEXAS IS THE REASONは先日買ったシングルがなかなかよかったので、今回はアルバムです。SUNNY DAY REAL ESTATEは不勉強ながら知らなかったんですが、エモについて調べるとFUGAZIの次くらいに出てくるくらいの超重要バンドのようなので。でもアマゾン見るとあんまり世間的には良い評価受けてないというか、他の作品に比べると若干淡泊といった感じのようですね…。しかも作ったメンバー自身があんまり納得いってないと発言してるようで、聴く前に余計な情報を仕入れてしまった感が否めません。ほんで実際聴いた感じでは、うーん、TITRの方が好みかなー。なんか普通のバンドに聞こえちゃった。他にはとりあえず今更DISCHORDレーベルに興味が行ってます。30過ぎから始めるポストハードコアなノリになってきてますかそうですか。
ringoつーのは今から10年以上前にヨコタススムさんがringo名義で出したアルバム。確かに今となっては多少時代を感じる音ですけど、この時代の、特に良質なテクノの一つだったのではないかと。そういやあの時代と言えば、ハードフロアのアルバムが再発されてまして、試聴したら格好良かったです。でもソニーテクノなんかをモロに通過した自分だからこそ普通に聴けた気もするんですけど、イマドキのナウなヤングどもが聴いたらどう感じるのかしら、あれ。
te'のこのアルバムは、まだ発展途上な感が刻まれてるようです。これもまあ悪くないんですが、一番新しいアルバムの方が遥かに格好いいです。初期は割と普通に繊細な音響系インストポストロックな印象ですけど、今の彼らはこの時期に比べるとかなり男臭い、豪快な熱血系轟音インストロックと化してるように思います。ライブ見たいなー。三月に仙台来るんですけど、その日は東京にMONOを見に行くのよね…。つーかこの日は色々とイベントがかぶりすぎ。


最近買ったのではNAHT最強ですね。格好良すぎ。なんかもう、これこそ今のわたくしが求めるエモ的な音っすわ。一番新しい作品では、何故か世間の流れに若干出遅れるようにしてニューウェーヴ化してしまったという話を聞きましたが…。
特に期待せずに聞いたテナーさんのアルバムが思いの外に良い出来で既に何度も聴いてます。四人編成になって初のアルバムなわけですが、だからといって取り立てて変わったことや新しいことをしているという風でもなく、極めてオーソドックスに「四人編成での音」を鳴らしているといった風情。要は良い意味で肩の力が抜けてリラックスしているのか、バンドが本来持つポテンシャルの高さが素直に出てきているように感じますですね。あーやっぱいいバンドだなーって感じ。
heaven in her armsは凄いですねあれ。負のエネルギーに浸食されきったような暗黒ハードコア。ヴォーカルに慣れるまで苦労しそうですが、この、首を絞められながら絶叫してるようなヴォーカルがやっぱり重要なんですね。バンドの持つグロテスクとさえ形容される世界観を更に強調・増幅・肥大させるような。