65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

ARABAKI ROCK FEST.09、タイムテーブル発表

http://arabaki.com/timetable/
で、まあここまではいいんですが、まず問題はステージ割り。いやー、正直申し上げまして、「これはない」


特に二日目の花笠ステージ。ここは収容人数1,000人のテントステージなんですが、どう考えてもこれじゃキャパ全然足りてないだろっていう人気アーティストをブチ込んでしまっております。特に「NATSUMENZAZEN BOYSTHA BLUE HERB→EGO-WRAPPIN'→ROVO」っていう流れは、これだけ見たら大きな野外ステージのラインナップかと見まごう感じですが、これ全部テントステージですからね。どう考えてもおかしいだろっていう。ただし、今年より明確に提示された各ステージのコンセプトとして、花笠は「最大の魅力は、異空間のような、夜の映像世界」「音楽と融合して繰り広げられるビジュアリスト達の映像世界」というものがあるそうなので、日没以降のメンツは何らかの映像効果を交えたライブになるのかなー…と思えども、やっぱりこれはないわー。エゴなんか完全に失敗でしょ。大体にして2006年出演時には一番大きな陸奥ステージでやってるのに、なんでここに来て一番小さいステージに「格下げ」になってるのかと。ナツメンザゼン津軽荒吐ステージくらいが丁度いいはずなのに。ブルーハーブだってもっとでかいステージでやってもいいような存在のはずだし、ROVOだって空の下で開放的な気分で聴きたかったよ。あーあー絶対入場規制かかりまくりだぞ。なんでこうしちゃったのかなー。
続きましてタイムテーブル。タイムテーブルは人によって良し悪しが随分変わるものと思われますが、今年は例年に比べ随分厳しいものになりました。以下私的タイムテーブルドン。

4/25

  • 10:20~ [TIME OF THE HOPE] 鴉 (HATAHATA)
  • 11:00~ [TIME OF THE HOPE] dinner (HANAGASA)
  • 11:30~ [TIME OF THE HOPE] nhhmbase (TSUGARU)
  • 11:45~ ジッタリン・ジン (MICHINOKU)
  • 12:40~ te' (HANAGASA)
  • 12:55~ MO'SOME TONEBENDER (HATAHATA)
  • 13:30~ aie (HANAGASA)
  • 14:20~ 8otto (HANAGASA)
  • 14:40~ HATAHATA SATURDAY AFTERNOON FIGHT みちのくプロレス
  • 15:00~ 二階堂和美 (TSUGARU)
  • 15:40~ 9mm Parabellum Bullet (HATAHATA)
  • 16:15~ 泉谷しげる (TSUGARU)
  • 17:30~ Timber Timbre (TSUGARU)
  • 18:00~ 凛として時雨 (HATAHATA)
  • 18:30~ 渋さ知らズオーケストラ (MICHINOKU)
  • 18:30~ sgt. with VJ:迫田悠 (HANAGASA)
  • 18:55~ FRICTION (RECK+NAKAMURA TATSUYA) (TSUGARU)
  • 19:40~ 渡邊琢磨 aka COMBOPIANO with sighboat (HANAGASA)
  • 20:50~ eastern youth (TSUGARU)

4/26

被りとか無視してとりあえず並べてみました。初日は致命的な被りがないように見えて、モーサムとte'がかぶるという、轟音好きにはなかなか悲しい出来事が起きています。モーサム取ると思うけど、どっちも見たかったなあ。次はみちプロと二階堂さんがかぶってます。しかし運営側も、この二つがかぶってガッカリしてる人種がいるとは思わなかっただろうな。うーん、やっぱしアラバキ来たらプロレス見たいし、みちプロ取るかなあ。悲しみは更に続き、渋さ・sgt.・フリクションがかぶってます。その前に時雨がやってるんですが、終わったら速攻で渋さかsgt.を見に行き、途中で抜けてフリクションに行かねばならず。この辺りは当日までに何らかの決断をせねばなりますまい。その後はCOMBOPIANOあたりを見てみて、最後のシメはイースタン。大トリはエレカシと思われがちですが、本当の大トリは彼らだったりします。
そして二日目。この二日目がもう…! 最初はのんびりムードなんですが、昼過ぎにいきなりの大惨事。髭・マスドレ・ボラが三つ巴でかぶるという酷い状態。えええーちょっと…。うーん、恐らく髭ちゃん見に行きますけど、これはちょっとないなあ。そしてその後は電話ズとAS MEIASが若干かぶり、AS MEIASとスガさんが若干かぶり、スガさんとAUDREYが若干かぶり、AUDREYとナツメンが大きくかぶり、ナツメンと仙女が若干かぶり、仙女とザゼンが若干かぶり、ザゼンソウルセットが半分くらいかぶる、という大変なミックスぶりを見せております。これ全部見ようとしたら、この通り全部中途半端になって消化不良おこしそうです。なんでこうなるんだ…。そりゃまあ、見たいものが多ければ、それだけかぶる危険性も高くなるのは致し方ないのですけど、この中途半端っぷりは異常。
花笠以外のステージ割りにも疑問点が若干あったりして(まさかAS MEIASが収容人数4,000人の荒吐ステージだとは思わなかった)(スガさんは陸奥でよくねーか)、なんだかなーという感じ。どう動くか、当日まで頭を悩ませることになりそうですよ…。