65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

見た夢メモ

  • 集会所の二階からエスカレーターで一階のホールに降りると、そこには見慣れない、トレンチコートにスーツにサングラスで全身黒ずくめの男達が十数人、隊列を組んで並んでおり、降りてきた僕らを一斉に拘束して、持っていた荷物を次々と没収し、強引に整列させられた。場は騒然となったが、「大変申し訳ございませんが、我々の言うことに従って下さい」と口調は丁寧なものの、逆らったらどうなるかわからず、渋々従った。なぜか自分だけ片手で頭を押さえつけられ、男は僕を中心に整列するよう集会客に命令していた。
  • (上の夢の続きか?)夜。急いで車で公道に出ようとすると、左側から原付が結構な速度で走ってきて、危なくぶつかるところだった。しかしそのせいで原付はバランスを崩してフラフラ運転になり、遂に数十メートル先でガードレールに思いっきり衝突し、ドライバーは歩道を越えた草むらに放り出され、原付は大破してしまった。僕は慌てて事故現場へ向かい、そこに通りかかった車にパッシングして助けを求めた。すると僕の後方から物凄い勢いで一台の車が駆けつけ、原付を運転していたドライバーを車に乗せ、また物凄い速度で引き返していった。病院に連れていくのだろうか? 僕も行かなくては、そう思うと、僕がパッシングで助けを求めた車の後方の空が、いつの間にかどろどろとした暗雲に覆われており、そしてその車からは、どういうわけかただならぬ殺気が漂い始めた。これはまずいと感じ、僕はすぐに引き返した。すぐ後ろから、敵意にまみれた何者かの気配が近づいているのを察知したが、アクセルを踏み込み、なんとか引き離すことに成功した。

以上、悪夢二連発でした。ライブ見に行って、それなりに楽しい気分で帰ってきたはずなのに…。