読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

おかいものメモ(既に財布がピンチ)

音楽 散財

reprise Body Riddle (WARPCD149) 旅路ニ季節ガ燃エ落チル FACT ズナマ Then

まだ次の給料日まで半月以上あるというのに既に大ピンチのわたくし。しかも来月頭には自動車税も納付せにゃならんし、その後は免許の更新もあるし。さらに車のタイヤの買い換えで5万近く吹っ飛ぶしあーあーあーもー!!そんなわけでかなりの節制を余儀なくされているのですが、それでもライブやクラブやCD購入はなかなかやめられない止まらない。そんなわけで中古やポイントを駆使して買ってます。
まず54-71。随分前のですが、あんまり中古には流れない上に値段も下がらないので手が出しづらいのですが、これはどういうわけかスピッツのアルバム扱いで売られていました。一つも意味がわからない。彼らの面白いなーと思うとこは、普通活動期間が長くなれば次第に角が取れて丸くなったり荒々しい初期衝動的なものも薄れてくるもんだと思うのですが、特にボーカルは現在の方がハードコア化してるってとこですね。サウンドの緊張感はこの頃から相変わらずですが。CLARKとイースタンのは前々から気になってたのでこの機会に。FACTは正直微妙っつーか、普通だなあ。「a fact of life」は浮いてるし、「reborn」は以前のアレンジの方が好きだしなあ。それに世界標準サウンド的なこと言われてもこういうバンドは世界中に山ほどいるんじゃないかと思うので、まあ良質ではあれ独自の個性のよーなもんはあんま感じないなあと。小谷さんのアルバムは、イースタンとかとの邂逅を経た後に作られたアルバムのようで、それもあってかこれ以前の作品とは感触が違って聞こえますね。なかなかの良作ですよ。しかしこれ、中古屋で手に取った時は確かに帯がついてあったのに、家に帰ってきて袋から出してみたら帯無くなってやんの。店員がビニールから取り出した時に帯も一緒に取っちゃって捨てちゃったみたいです。がっくし。タートルアイランドはまだ聞いてませんが期待大。仙台にライブしにこねーかな。せめてエゾあたりで見たい。もしくはdoitあたりで呼んでくれないものか。