65536 tunes for MIRAI

年に一回くらいは更新したいブログ

2010年に聴いてみて特に良かったやつを紹介してみるよ

こんな時くらいしか更新されることもない当ダイアリー!てなわけでサクッと紹介してみます。


Letting Up Despite Great Faults / レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツ

Letting Up Despite Great Faults / レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツ

  • アーティスト: レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツ,Letting Up Dispite Great Faults
  • 出版社/メーカー: Happy Prince
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
アルバム部門ではこれがダントツで印象に残りましたね。なんとも長いバンド名と、そんなバンド名をタイトルにした?彼ら。適度なシューゲイズ感、ささやかな打ち込み、淡く爽やかでほんのり切ないポップなメロディー、すべてが実にいい塩梅のバランスを保っている、全11曲40分弱の、良質な3分間ポップス集。ジャケットも◎。


Made In Japan “Future”Classics

Made In Japan “Future”Classics

ミックスCD部門ではこれが素晴らしかった。Tracks BoysのCrystalによる、古今の日本産テクノのみで構成されたDJミックス。フロア系の音よりもリスニング寄りの音に重きを置いた内容で、フロアライクな音のような、ハードでわかりやすい派手さは無いものの、90年代半ばから00年代に至るまでの国産テクノの名曲を、実に丁寧に、愛情たっぷりに紡いでいく様が印象深いです。


dreamer

dreamer

楽曲単位ではいい曲いっぱいあったし、けいおん関連でも良曲はたくさんあったし、どれか一つっていうのも選びにくいんですけど、今の気分で選ぶとこれかな、と。なんとなく、春が近づきつつあることを感じさせる青空が広がりつつも、まだまだ雪が残る冬の日のような、そんな情景が思い浮かびます。リリース時期もそんな頃だったしね。


全体的にあんま激しくないのばっか選んでしまいましたが、シュランツとかガンガン買ったし、激烈ハードなのもバンバン聴いてはいました。でもベストを選ぶとしたらこれかなっていう。去年は懐が厳しくてあんまりCDとか買えなかったので、今年はもう少し頑張って音楽色々聴きたいですね。